障がい者の方がホープで学べる事

基本的な1日の流れです

ここでは、基本的な一日の流れをお伝えします。実際にはこれをもとにしながら、個人のペースに合わせてカリキュラムを進めていきます。

1日のながれ
10:00 朝礼(本日の連絡事項、作業予定報告)
10:15 PC入力練習(タイピング練習)
11:00 休      憩
11:15 セミナー(「ビジネスマナー」「簿記」「IT」など)
12:00 お昼休み
13:00 文章作成/表計算(課題作成)
14:00 休      憩
14:15 文章作成/表計算(課題作成)
15:00 休      憩
15:10 PC入力練習/課題(タイピング練習/課題作成)
15:40 掃除・片付け
16:00 夕礼(明日の作業予定などを報告)

※セミナー以外は各自の計画に沿って実習して頂きます。
※これは一般的な通所時間ですが、各自に合わせて一部のみ実習も可能です。

ビジネスの基礎

主にどんなことを学んでいくかをお伝えします。もちろん個人によってペースがありますので少しずつなじんでいけるように目指します。

あいさつ・笑顔の作り方

日常生活や仕事でまず大切なのは挨拶です。身だしなみや挨拶の大切さ笑顔の作り方などを習得します。立ち居振る舞いや応接室への案内の仕方などをお教えします。

言葉遣い・敬語の使い方

職場での言葉遣いや敬語の使い方などを学びます。

ビジネス電話対応・名刺交換

名刺の重要性、名刺の出し方や受取り方ビジネス電話の応対(伝言メモの作り方)などをマスターします。

備品の使い方・整理整頓

職場の備品・コピー機の使い方やFAXの受発信、デスクの整理整頓の仕方、コスト意識などを学びます。

仕事のすすめ方・メモの取り方

指示の受け方、仕事のすすめ方やスケジュール、管理メモの取り方、報告・連絡・相談などの重要性について学びます。

チームでの仕事の仕方

仕事では、色々な人とのコミュニケーションが発生します。チームでの仕事の仕方やコミュニケーションの取り方、報告・発表の仕方(情報を整理して筋道を立てて説明すること)などの訓練をうけます。

実務で学ぶパソコン

パソコンを使った訓練にはどのようなものがあるのかお伝えします。

パソコンの基礎・ビジネスメール

パソコン操作の仕方、ビジネスに使うメール文章の書き方、スピーディなデータ入力などをマスターします。

エクセル・ワード

表計算やビジネス文章の作成などをしっかりと身につけます。

報告書の作成

ワードやエクセル、パワーポイントを使って報告書やプレゼンテーション資料を実際につくって、そのノウハウを学びます。

就職にあたって

就職にあたって、必要なスキルがどのようなものか説明するとともに、ホープで出来ることなどをお伝えします。就労面だけではなく社会生活面でもフォローし、自立できるように応援いたします。

オフィスの就労訓練

就労の心構えとして、当施設を職場とみなし実際にチームでの企画・運営やビジネスコミュニケーション能力などの訓練を受けます。

資格の取得

就労に有利になるパソコン資格の取得をサポートします。

履歴書・経歴書の書き方

ワードやエクセルを使って履歴書・職務経歴書を実際に作ってそのノウハウを習得します。

面接指導・補佐

自分の出来る事や障がいを正しく相手に伝えられるように訓練します。就職時の面接には職員が同行します。

実習・補佐

希望の職場にて見学をおこないます。実際に職場実習をおこない、その後実習で出来た事や反省などに基づいて出来なかった事などを補修します。

就職先の開拓・就労後の安心ケア

就労機会を増やすための就職先の開拓をおこないます。就労した後も職員が職場での悩み事などの相談をおこなっています。(就労後6ヶ月間)